猫の抜毛対策!部屋を綺麗にしよう!

猫の抜毛

 

犬や猫を飼っていて大変なのが、抜毛だと思います。短毛猫も長毛猫も一定の抜毛があるので、お掃除が大変です!多頭飼いしてる人は、特に頭を悩ませているかと思います。

猫は季節によって抜毛の量が変わってくる!

猫は、毛の抜けやすい時期があります。その為対策する前に、猫の抜毛が発生する時期を覚えましょう。

・猫は毛で体温調節をする(猫の衣替え)
夏の始まり頃が、最も毛が抜ける時期
反対に冬は毛で覆われるが、毛が抜けにくくなる

抜毛の対策に一番効果があるものは?

猫の抜毛を完全に防ぐ事はできないです。毎年対策をする必要があります。対策といっても簡単なので、一度覚えたらそれを毎年繰り返すだけです。

抜け毛対策で、私達飼い主が出来る事といえば、どれだけ抜毛を減らせるかだと思います。私の経験談で語らせていただくと、最も効果が高いと感じるのが、ブラッシングです。つまり、毎日クシでとかすことが一番の解決方法でした。ブラッシングをしているか、していないかで、抜毛の量が断然違います!

短毛猫と長毛猫の抜毛の違い

短毛猫は、毛の量が少ないので、毎日クシ入れをするだけでだいぶ改善します。問題は長毛の猫です。まずは目の細かいクシでとかしてから再度ブラッシングするように心がけましょう。

毛が抜け落ちる前にブラッシングで取り除こう!


・ラバースリッカーブラシ / Sサイズ小型犬、猫、ウサギ用

毛の長い猫は、クシ入れやブラッシングを毎日してあげないと毛玉となってしまいます。定期的に毛をとかしてあげることで、部屋の汚れも結構違います。抜毛は猫が飲み込んでしまうのでよく吐く猫もブラッシングで改善することがあります。

・ペット用ノミ取り櫛

また、ノミとり用のブラシを使う事で、猫の毛を清潔に保つ事ができます。
ノミ取り用のクシは目が細かいので、抜毛も十分にとることができます。

猫の抜毛対策はお掃除から!

抜毛のための、お掃除するときのまめ知識です。猫の居る家は部屋の環境を見直さないと、少し掃除するのも大変になってきます。なので、いくつか改善策を出してみました。

部屋の家具の位置を考える

物が多いと掃除が大変になります。毛はホコリと共にたまっていきやすいので家具の配置から見直さなければなりません。家具と家具の間は掃除もしにくいので、配置はなるべく、すき間をあけない方がいいでしょう。もしくは余裕を持ったスペースで家具の間をあけるほうが掃除機もかけやすいです!

棚の小物など

猫は高いところが大好きなのでよく棚に登ります。そんな棚に小物を置く方は多いと思いますが、猫の毛やホコリがつきやすいですし、物が落ちて危険です。

よく猫が登る棚には小物を置かない方が掃除が楽です!高いところに毛がつくと毛が舞いやすいので気をつけましょう。

衣服、カーテン、布製の物にも気をつける

猫は風通しがいい場所や日当たりがいい場所を好みます。そのため近くにあるカーテンに毛がびっしりついています。窓際にあると毛が風で飛びやすいので、小まめに粘着テープで毛をとるかよく洗濯しましょう!衣服や、他の布製のものも粘着テープだと毛がとれやすいです。
ぜひお試しください!

アレルギー対策の記事でもホコリがつきやすいものとして書きました。よければ参考にしてみてください。

床にも気をつける

フローリングや畳の上に何かを敷いている方は多いと思います。
抜毛はカーペット、マット、布製のものに付着しやすいので、対策が必要です。

・簡単抜け毛取りクリーナー イエロー KNC-N77A

布やカーペットを敷いておくのはありだと思いますが、もし、カーペットやマットを敷くのであれば、コロコロは必須です。掃除していると気づきますが、カーペットには目では発見しづらい毛が付着します。
これがなかなか取れない!毛がカーペットの繊維にからみついているのです。こんなときは、掃除機をかけたあとクリーナーでコロコロします。すると、結構びっしり毛がとれてるのがわかるのでお勧めです。

・リアライズ 一毛打尽 ソファ・カーシート用 犬猫用

個人的にはこちらの商品も毛を取り除くのに役立ちました。コロコロだけでは、とれない毛があって困っていました。今まで手でかきあつめて、取り除いていましたが、一毛打尽を使ってから、その必要がなくなりました。

ソファーやマットに使ってみると、驚くほど毛がごっそり取れます。特に猫が行き来している場所や、寝床となっている場所ほど効果があります。場所によっては、コロコロを全く使わなくなるくらい重宝しています。

猫の毛がつきにくい素材を!

部屋中に置くものを改善することが一番の対策方法だと思います。

猫と共に生活する知恵として、ソファーやクッションを、毛がつきにくい素材を使いましょう。猫のよく寝る場所に毛がついても構わない、シーツやカバーをかぶせておくのもいいかと思います。ただ、猫を飼うということは毛はつきものなので、あまり神経質にならないようにしたいですね!




このページの先頭へ