爪とぎ器でおすすめの材質は?種類別に比較

猫に最適な爪とぎ器とは

爪とぎ器の種類によっては猫が爪とぎしない場合があります。その場合、猫が気に入る爪とぎ器を見つけてみましょう。爪とぎ器の種類を変更したら使い始める猫は結構います!家具などで爪を研がれる前に設置するのをおすすめします。

爪とぎ器の選び方

爪とぎ器といっても種類がたくさんあるので、一体どの製品を選んだら猫が使ってくれるのか悩んでいる方は多いですよね。

私は初めて選んだ爪とぎ器を猫に使ってもらえなかった経験があります。今でも爪とぎ器を選ぶのは難しいと感じていて、猫の性格や好みによっては使わないことがあります。なので、はじめて爪とぎ器を使用するなら、「猫が使わないこともある」と思っていた方がいいかもしれません。

ただ、初めて爪とぎ器を使う場合でも、選び方のポイントを知っていると猫が使ってくれる可能性も高くなると思います。

まず、爪とぎ器を選ぶときに重要になってくるのは、材質・形・ニオイがあります。

爪とぎ器の材質

爪とぎ器の種類で材質が異なります。材質によって猫が気に入るか決まると言っても過言ではありません。また、材質にはニオイも関係してきます。

はじめての爪とぎ器で、どの材質が気に入るかわからない場合は、それぞれの材質のメリットとデメリットを見て判断してみてください。

段ボール・紙タイプ

値段の安いものは段ボールで作られているものが多いです。各メーカーで販売されている爪とぎ器ではダンボールが多い印象です。

段ボールを好きな猫は多いので、比較的使いやすい爪とぎ器です。その反面、研ぎクズが散らかってしまうので飼い主にとってはお掃除が大変になってしまうかもしれません。

また、段ボール製品のなかには交換して使えるタイプと、使い捨てのタイプがあるので購入するときは気をつけましょう。

POINT

▽メリット
・値段の安い製品が多い
・交換できる製品もある
・段ボールなので環境に優しい

▼デメリット
・長持ちしづらい
・研ぎクズが出やすい

 麻布・麻縄タイプ

 

所謂、麻で作られたタイプの爪とぎ器は段ボールよりも丈夫です。

材質では最も丈夫なタイプといえます。猫がバリバリ爪とぎしても丈夫な繊維なので長持ちします。力の強いタイプの猫には麻タイプが向いています。また、研ぎクズが出づらいのもメリットです。

ただし、麻のニオイを嫌う猫も意外と多いので使うかどうかは猫次第です。飼い主的には掃除が楽なので麻タイプを気に入ってくれる猫ならおすすめします。

※麻は植物の葉や茎などから作られた繊維の総称です。

POINT

メリット
・丈夫で長持ち
・研ぎクズが出づらい
・力強く爪とぎができる

デメリット
・麻のニオイが苦手な猫もいる
・段ボールより値段の高い製品が多い

綿・綿縄タイプ

綿タイプは、ポール型の爪とぎ器やキャットタワーでよく使われています。ポール型の爪とぎなら綿か麻のどちらかになるでしょう。

麻のニオイが苦手で爪とぎ器を使わない場合、綿タイプを使ってみるのもいいかもしれません。ですが、綿タイプも製品によってはニオイの強いものがあるので猫が気に入らない可能性はあります。

製品自体の臭いがあると気になって使わないことが多々あります。もしくは、飼い主さんが気になる場合もあるかと思います。

ただ、ポール型に使われている綿も麻と同じく丈夫なので、しっかりしたものを使えば長持ちしやすいです。

POINT

メリット
・丈夫で長持ち

デメリット
・選べる種類が少ない
・ニオイが強いことがある

木材タイプ


爪とぎ器の材質として主流なのは、段ボール・麻・綿といえますが、木材を使った爪とぎ器も販売されています。

木材は値段が高く、製品の種類も少ないのですが、木の質が好きな猫もいるので場合によっては木材を選んでもいいと思います。また、布などの材質は猫の爪が引っ掛かる事があるのですが、木材は爪が引っ掛かることが少ないので、そういう材質を使いたいなら十分メリットはあります。

ただし、研ぎクズが多少出るので飼い主によってはデメリットになるかもしれません。

POINT

メリット
・丈夫で長持ち
・布と違い、繊維に爪が引っ掛かる事がない

デメリット
・製品の種類が少ない
・研ぎクズが出やすい
・値段が高い

爪とぎ器のニオイで使わない場合がある

爪とぎ器のなかには製品のニオイが強いものがあります。これは購入してみるまでわかりづらいことです。人間が良い匂いと思っても猫にとっては苦手な臭いになってしまうことがあります。

特に麻や綿の中にはニオイの強い製品があります。その場合は、製品自体のニオイが消えるまで猫も使わないかもしれません。また、製品にはマタタビの粉が使われているものがありますが、こちらもマタタビが好きじゃないと効果は薄いと思います。

爪とぎ器は消耗品・値段はどのくらいするのか

爪とぎ器を消耗品と考えると気になるのが値段です。ただ爪とぎ器はメーカーや種類によって値段は大きく変わってきます。値段が安いものは1000円以下で購入できるものもありますが、値段の高い製品だと数千円するものもあります。材質によっても価格帯は変わってくるでしょう。

また、メーカーによりますが爪とぎ器には交換して使えるものが販売されていることもあるので、そちらを使った方が安く済みます。ですが、どの爪とぎ器を使うかは飼い主さんそれぞれ違うと思いますので、猫に合わせて選んでみてくださいね。

爪とぎ器の種類

爪とぎ器の形も重要な項目の1つだと思います。爪とぎ器の形によっては猫が爪を研ぎづらくなります。また、手足に障害がある猫にとっては高さのない爪とぎ器の方が使いやすいかもしれません。

それと、爪とぎ器には壁・柱に設置できるタイプもあるので、壁にバリバリ爪を研がれるなら固定して使える爪とぎ器を付けるのもいいでしょう。

ポールタイプ

マルカン どこでもツメとぎタワー

爪とぎポールは各メーカーから様々な種類の製品が販売されています。

材質は主に麻縄・綿が使われています。そのため、丈夫な爪とぎ器を探しているのならポールタイプをおすすめします。猫が使うときは両手でガリガリやるのがよく見るパターンですが、他にもしがみついたりする猫もいます。

ポール型の爪とぎ器で気をつけたいことは、組み立ててネジで固定する製品の場合ちゃんとボードを固定しないと倒れてしまうことがあります。また、ネジの締め付け具合によりボードがグラつく恐れがあるので気をつけましょう。それと、猫や人の接触により倒れる事もあります。使うときは十分部屋のスペースを確保して使ってみてください。

こんな猫と飼い主におすすめ
・元気な子猫・成猫を飼っている
・部屋に置くスペースを確保できる
・丈夫で長持ちする麻縄・綿縄を使いたい

ソファー・ベッドタイプ

猫壱 バリバリ ベッド

ソファー・ベッドタイプは麻布や段ボールで作られている事が多いです。段ボールタイプのものは安価なので消耗品と考えるとコスパがいいです。

最大の利点は子猫・成猫・老猫、どの猫にも相性がいいことだと思います。小型の爪とぎ器ならケージの中に入れて使えるものもあります。

またソファー・ベッドタイプの爪とぎ器の形は様々で、珍しいものだと猫が中に入って使える「ガリガリスクラッチャー」などの爪とぎ器もあります。

ただ、材質が段ボールだと研ぎクズが出やすいので、掃除するのが面倒だと感じる方は他の材質を選んだ方がいいです。

こんな猫と飼い主におすすめ
・どの猫にも使える材質を探している
・値段の安い爪とぎを使いたい
・ケージの中に入れて使う予定

マット・シートタイプ

スクラッチマット

段ボールや麻タイプの爪とぎ器が気に入らない猫ならマット・シートタイプを使う場合も多いです。絨毯やカーペットタイプじゃないと爪研ぎしない猫もいます。

マットタイプの利点としては場所をとらないことです。部屋のどこでも使えるので猫がよく過ごしている場所に置きやすいです。

それと「マルカンのマット」のようにテーブルや椅子の脚に巻きつけることができるタイプの爪とぎ器もあります。爪研ぎしてほしくない場所に使えるのでおすすめです。

ただし、マットタイプは質によっては爪が引っ掛かることがあります。それと、重さが十分ないと浮き上がってしまい猫が使いづらいことがあります。

こんな猫と飼い主におすすめ
・場所を選ばない爪とぎ器がいい
・絨毯・カーペットタイプしか使わない猫
・ケージや寝床に使いたい
・床や柱を保護したい

壁に固定して使えるタイプ

壁に貼れる爪とぎボード

壁や柱で爪とぎされる場合は、壁に固定して使えるタイプの爪とぎ器がいくつか販売されています。置いて使えるタイプの爪とぎ器を全く使わなかった場合には壁に爪とぎ器を設置するのもありです。場所を取らないので邪魔になりません。

それと、猫が色々な壁にガリガリやってしまうときには、複数個所に取り付けした方が壁を守りやすいです。

しかし、確実に猫が使ってくれるかはわかりません。設置しても猫が爪とぎ器を避けて別の壁で爪を研いでしまうこともあります。その場合は壁を爪から守れる保護シートも合わせて使ったほうがいいかもしれません。

家具や部屋の作りによっては壁に設置することができない場合があるので、置くタイプの爪とぎ器が合わないときの最終手段といえます。

こんな猫と飼い主におすすめ
・壁・柱で爪研ぎされる場合
・置くタイプの爪とぎ器を使わなかった
・部屋をすっきりさせたい

ハウス仕様の爪とぎ器

猫爪とぎボックス

メーカーからはボックス型の爪とぎ器も販売されています。ボックス型は箱の中に爪とぎ器が設置されているので寝床にしながら使えます。また、製品によっては外装部分にも爪とぎが設置されている場合があります。

ボックス型の爪とぎ器の値段は1000円以下で購入できる安いものや、なかには木材でつくられている製品もあります。

猫はダンボールが好きなので使いやすいですが、爪研ぎがメインというよりも寝床になることが多いので普通の爪とぎ器を使いたいならおすすめしません。

猫製品の専門ショップもある

 

キャットタワーや爪研ぎを専門に開発しているメーカーもあります。

キャッツデポ」を例にあげると、年齢別に合わせたキャットタワーや、ポール型の爪とぎ器の種類が多く、爪とぎ器の作りがしっかりしているので長持ちしやすいです。また、1年保証もついているので万が一破損したときに無償で交換してもらえます。

※保証されるのは破損内容による。

ただ、キャッツデポの場合だと材質が麻布や綿がメインなので、ダンボール製など他の材質の爪とぎ器を選びたいときには向いていません。また、爪とぎ器は主にポール型をメインにしているので形のバリエーションは多くありません。

逆にいえば、しっかりしたポール型の爪とぎ器を探している方や、年齢に合わせた爪とぎ器を使いたい方に向いているメーカーです。どの爪とぎ器を購入するか目的がはっきりしている方ならおすすめします。

多頭飼いの場合は爪とぎ器をいくつか用意した方がいい

多頭飼いの飼い主さんなら複数の爪とぎ器を用意した方がいいでしょう。理由としては、爪とぎ器の消耗スピードが早いからです。

多頭飼いの場合、爪とぎ器の消耗が一匹で飼っているより段違いに早いです。老猫の場合は爪を研ぐことが少なくなりますが、元気な成猫は爪を研ぐ頻度が高いです。猫を数匹飼っている家庭ではいくつか用意しておくのをおすすめします。

また、複数設置した方が、家具や壁を爪から守れる確率が高くなると思います。

私の家ではキャットタワーや床に設置するタイプの他に、壁に固定できる爪とぎ器を使用しています。猫が数匹いると、それぞれ気に入る材質や種類が変わってくるので何箇所かに爪とぎ器を置いて対策しています。複数設置した方が目立つので猫も使いやすいと思います。

※猫によっては一度気に入った1つの爪とぎ器しか使わなくなることもあるので複数に置いた爪とぎ器の意味がなくなる可能性もあります。

爪とぎ器以外にも選択肢はある

猫の爪とぎをやめさせたいと考えている方は多いと思います。ですが、猫が爪とぎするのは本能・習慣の部分なので、正直やめさせることは難しいと思います。

家具や壁でバリバリしてしまう場合は、爪とぎ器の他に爪とぎ防止シートを使う方法もあります。それと猫の爪が鋭くて遊んでいるときに痛い思いをしているのなら事前に爪を切っておくという手段もあります。

猫の爪研ぎを対策したい方は爪とぎ器にこだわらず色々な方法を試してみてください。

爪とぎ器以外の方法は「猫が家具で爪を研ぎするのをやめさせる対策方法」をよかったら参照してみてください。

このページの先頭へ