猫の多頭飼い前に考えたいこと

猫を複数飼う前の心得

猫がたくさん居たら幸せ!数匹一緒に飼ってみたい!と考えたことがある人は多いかもしれません。ただ多頭飼いは意外と難しい事がいっぱいです。十分考えてから飼うようにしましょう。

本当に多頭飼いするのか考える

極端な言い方をしてしまえば、猫は一匹だけのほうが幸せなことがあります。個人的には、必ずしも複数居た方が幸せというわけではないと思います。

複数で飼った方が猫にとっても寂しくないから…と思う方もいるかもしれませんが、猫は元々単独で生活することを得意としています。そして、猫は飼い主を同居人として認識しているのです。

多頭飼いをしたばかりに猫が居心地が悪い!相性が悪い!でケンカなどになってしまえば、ストレスを感じて様々な問題行動を起こしてしまうかもしれません。

実際に、複数飼っていてケンカばかりしてしまう猫は珍しくありません。既に一匹飼っているようでしたら、考える必要があるかもしれません。

飼ったことがないけど多頭飼いしたい

全く猫が飼った人でも多頭飼いできる?と訊かれた事があります。私の考えですが、猫を飼うのが初めてでも多頭飼いはできます。むしろ最初に複数飼う方が問題はないことが多いです。

途中から新参猫を入れた時の方が難易度は高くなると思います…既に飼い猫にはテリトリーができあがっているので、必ず猫は警戒するでしょう。他猫がテリトリーに入ってしまうと激しい威嚇や攻撃をする猫もいます。もちろんそうじゃない猫も居ますが注意しましょう。

反対に、最初から家の中で同じような環境で過ごせば、兄弟のように共に生活する事が多いです。そのため猫同士が、仲良くなれる確率も高くなります。

子猫のうちにその感覚に慣れさせてしまえば、後々新しい猫を迎えたときも役立ちます。
こちらにポイントをまとめましたのでよければどうぞ!

猫の幸せと人の幸せ

一匹だけで飼うか、多頭飼いするかは、私たちがどのような付き合い方を猫に求めるかだと思います。

猫は一匹で飼われている場合、対象が飼い主しかいないので、食事がほしいときも、甘えるのも、遊ぶのもすべてを飼い主に求めます。それに対して多頭飼いは餌は飼い主に求めますが、遊ぶときは他の猫を相手にすることも多くなります。状況によって猫は飼い主を使い分けるように。

もちろん飼い主に甘えてくることもありますし、遊びを求めてくることもあります。
ただその頻度が少なくなります。(経験談)

いつでも猫が自分に向いててほしいと思うなら一匹だけで飼うのが望ましいでしょう。

多頭飼いのまとめ

複数で飼いたいと強い気持ちを持っているならおすすめします。私は三匹の猫と過ごしていますし、大好きな猫に囲まれて楽しいです!ただ、大変なこともたくさんあります。餌代、猫用品、病院、保険など買い揃えるものは多いですし、トイレ掃除も頻繁にしなくてはなりません。環境を整えるのは結構大変です。

それと、猫同士の相性の問題があります。例えば先住の成猫がいて、そこに子猫を迎えてあげた場合、子猫は親だと思い成猫に興味津々ですが、先住猫はうっとうしく思うこともあります。

その場合、先住猫が子猫を攻撃するなどの問題が起こります。飼い主さんも頭を悩ませてしまう原因になってしまいますので、ぜひ多頭飼いをするときには十分考えたうえで後悔しないようにしましょう!

これらが予想できていて後悔しないなら、複数飼いでも大丈夫だと思います。私たちが環境を整えてあげることで、猫にとっても居心地がいい空間ができます。

このページの先頭へ