猫の叱り方で一番良い方法

猫ってどうやって叱ればいいの?

 

猫のいたずらに困ったりしていませんか?
柱で爪とぎをしてしまう、床に尿を撒き散らす、噛み癖がある…などなど。
悪いことをしたときには人間同様、ちゃんとしつけをすることが大切です。

今回は一番良い叱り方についての記事になります。よければご参考ください!

猫を叱る前に考えたいこと

猫を叱る前に考えたいことがいくつかあります。それは、叱る理由に関してです。
飼い主がしてほしくないことで無闇に怒ったりしていませんか?

猫の習性を思い返してみると爪を研いだり、高い場所によじ登ったりするのは当たり前のことです。
それらの行為で怒ってしまうと、猫は何故怒られているのか全く理解してくれません。

人間がやってほしくないだけで叱っても、猫は全くわかってないです。
逆に理不尽に怒られたと思ってストレスを感じる猫もいるでしょう。

人が思う迷惑行為をやめさせたい場合は、他の代わりになるものを用意してあげるといいですね!

爪とぎや、猫タワーを用意してあげる工夫が大切です。
爪を研ぐときにはきちんと爪とぎをする癖をつけてあげると、ぴたりとやめてくれるかもしれません。

しつけのために大声で怒鳴る・叩く

なかには大声で怒鳴ったり、叩いたりしてしつけをしている人もいますが、おすすめできません!

一時的に効果があるともいえますが、猫に嫌われてしまう恐れがあります。
確かに大声で叱るのは猫が驚いて逃げ出すので効果はあります。
というのも猫はすごく耳が良い生き物なので、大きな音を嫌う傾向があるからです。

ただ大声をあげたときに誰かわかってしまうと嫌がらせを受けていると思ってしまうので、飼い主さんが嫌われてしまう可能性が大です!
正しく叱ったつもりでも、嫌われたら悲しいですよね。

■叩くのもあまり効果がありません。
怒った理由が、猫の習性に関することなら尚更効果がないです。
それどころか攻撃された!と感じて近づいてくれなくなるかもしれません。

それと、しっぽをひっぱってしまうのもNGです。
人間にはわからなくとも、猫にとってしっぽは弱点です。
すごく痛みを感じる部分なので、ひっぱるのはやめましょう。

 叱る方法のまとめ

結局のところどういう叱り方がいいのかについてですが、やめてもらうには、猫の嫌がることをするしかありません。

ただし、驚かせるときに人間がやったことだと知られたらいけません。わからないようにするのが一番です。

猫が「その行動をすると、嫌なことが起こる」と覚えてもらいましょう。

おすすめ方法としては、悪さをしたら霧吹きで水を吹きかけるのが効果があります。
理由としては、猫は体が濡れてしまうことを極端に嫌うからです。
お風呂に入れて猫が異常に嫌がるのも濡れることが嫌だからです。

なので、わからないように後ろから霧吹きをかけてあげると驚いて逃げることがほとんどです。

この場所で爪を研ごうとすると、水がかかる」を次第に覚えさせます。
うちの猫もこの方法で、爪とぎをしてほしくない場所ではやらなくなりました。
水鉄砲なんかでも効果があるみたいなので、とにかく水であれば問題ないようです。
ぜひお試しください!




このページの先頭へ