猫に留守番をさせる方法

猫のお留守番の方法

遠出する予定ができたり、急な用事で家をあけなくてはならない…そんなときは猫をお留守番させなくてはなりません。そもそも猫ってひとりぼっちでも大丈夫なの?と疑問を持つ方も多いと思います。

猫は1~2日間ならお留守番できる

結論から言いますと、猫はお留守番を好みます。猫は元々単独行動を得意としているので、ひとりぼっちでも大丈夫です。

猫はなわばり内に居れば安心する生き物です。自分の知らない場所には行きたがりません。知らない場所は不安を感じるので、連れて歩くほうが負担もかかります。一泊二日の旅行の予定でしたら、猫を連れて行くよりお留守番させた方がいいです。

※ただし、猫によっては、帰って来たらすぐ甘えだす子もいます。

お留守番させる準備

さきほど猫は二日間ならお留守番できると言いましたが、最低限の準備が必要になってきます。しっかり準備することで猫も過ごしやすくなります。

食事 エサは容器に十分に入れておきましょう。
水も猫がこぼさないように工夫します。
自動的にエサを与えられる自動給餌器も便利です!
トイレ 家を開ける前にトイレも綺麗に掃除しておきましょう。
トイレの砂も新しいものに変えておくといいですね!
室温管理 夏の季節は特に注意が必要です。
窓を閉め切ってしまうと室温も高くなり、
猫が脱水症状になる恐れがあります。
エアコンで調整するなど対策をしましょう。
その他 家を空けていると猫がいたずらすることもあります。
入って欲しくない部屋はしっかりドアを閉めたり、
猫にとって危険だと思うものをなくしておきましょう。

三日以上家を空けるとき

長期的に家を空けるときには猫もお留守番できないので誰かにお世話を頼むことになります。
代表的な方法としては、

・ペットシッターに頼む
・ペットホテルに預ける
・友人にお願いする

などがあります。

ペットシッターにお願いする

基本的な食事やトイレのお世話をしてもらえます。事前の打ち合わせによって飼い主と契約します。ペットシッターの一番のメリットとしては猫の周りの環境を変化させずお世話をしてもらえるところです。やはり猫は環境が変わるとストレスを感じるので、なるべく自分の家の方が過ごしやすいです。

デメリットとしては少し割高です。大体数時間千円~数千円かかります。家を長期間空ける場合にはあまり向いていません。ペット種類や内容によって料金も変わってきますので、契約する前にきちんと下調べしておくといいと思います。

ペットホテルの利用

犬や猫の専用のホテルです。また動物病院なども一時的に預かってくれるところがあります。二日間家をあけるときでも部屋の室温って気になりますよね~ホテルなどはきちんと部屋の温度管理がされているので安心です。

ただし、急な預け先としては向いていません。利用は事前に予約することで預けられます。私は以前利用したことがありますが、宿泊費はホテルによって結構差がありました。大体相場として3000円~5000円ほどでしたが、さらに安いペットホテルもあるようです。設備が充実しているホテルでは一万円以上するところもあります。

知人・友人に預ける

友人に頼む場合は仲がいい人や信頼できる方にしましょう。猫は少し気難しい性格ですので、理解がある方がいいと思います。できれば猫を飼ったことがある経験者に頼んでください。預けるときには餌の量やトイレの仕方など細かいメモを作っておくといいですね!またビジネスとしてバイト代などを出すことにより次回預けるときにも頼みやすくなります。




このページの先頭へ