猫と仲良くなるための上手な褒め方

猫が喜ぶ褒め方

猫の行動のなかには良かれと思っての行動がいくつかあります。
そんなときにはしっかり褒めてあげましょう!

今回は猫の褒め方のポイントをご紹介します。

関連記事:猫の叱り方で一番良い方法

犬や猫にも感情がある

犬や猫も人間と同じように感情があります。
褒められたら喜んだり、叱られたときには悲しい気持ちになります。
良いことをしたとき、悪いことをしたときには、きちんとしつけをすることが大切です。

よく犬と比べて猫は頭があまり良くないと思っている方も多いですが、そんなことはありません。

猫も協力的な行動をしてくれたり、何度も繰り返し覚えさせることで人間がしてほしくないことをしなくなります。
叱ることだけせず、褒めてあげることもしつけに繋がってきます。

褒めてあげるのはどんなとき?

猫を褒めるときは良いことをしたときにです。
けして悪いことをしたときに褒めないように気をつけましょう。

・名前を呼んだらきてくれた
・トイレをちゃんとしてくれた
・おもちゃ(獲物)を持ってきた

などなど…
これは一例なので、飼い主さんが判断してあげてください。
繰り返し褒めてあげることで懐き度もUPします!

褒めるときには大げさに褒めてあげる

猫を褒めてあげるときには人間同様、小さい子供に接するようにしましょう。
善悪の区別がついてないときには、何が悪いのか、何がいいことなのかわかってないです。
良いことをしたときには必ず褒めてあげることが重要になってきます。

褒めるときにも淡々と褒めるのではなく、大げさに行動で示してあげるといいですね!
オーバーなリアクションで丁度いいと思います。
その際、言葉だけではなく、撫でてあげたりすると猫にも伝わりやすいです。

叱り方と共通するポイントですが、「この行動をしたら、撫でてもらった
この行動をしたら嫌なこと起こった」と覚えてもらうことで猫もより人と共存しやすくなるかと思います。

 猫が撫でられると気持ちいい部分

褒めてあげる際に撫でてあげる場所についてですが、頭や首の周辺、尻尾のつけ根あたりで良いと思います。
猫が痒い場所は基本的に撫でられて嬉しい部分です。

言葉をかけてあげながら優しく撫でてあげましょう。その際、猫がのどを鳴らしたら大成功です!




このページの先頭へ