室内で猫を飼うなら外に出さない方がいい

室内飼いの猫のテリトリー

部屋の中で飼っている猫は出すべきか出さないべきか、結構頭を悩ませてしまうことだと思います。外に出さないのはかわいそう…と思っている方も多いのではないでしょうか。
完全に室内で飼うか、放し飼いにして飼うかは猫の一生に繋がってきます。

外に出たがる猫

猫というのはなわばり意識が強い動物です。例えば、うっかりベランダの外に出してしまうと、そのエリアも猫のテリトリーに入ってしまいます。

これは一度でも外に出してしまったら、その場所も猫のなわばりに入ってしまいます。完全に室内飼いにしたいなら外に出してはいけません。室内猫でいえば外に出さない限り、外に出たがらないということです。
外もなわばりに入れてしまうと、「外に出して欲しい」と鳴くことが多くなります。

窓や扉の開け閉めには十分気をつけたいです。

人が抱えて外に出た場合

実は猫は人に抱えられて外に出ても外に出たい!と思うようになってしまいます。猫が外に出ない理由として、自分のなわばり以外の場所は不安だからです。
抱えられて外に出て安全だとわかってしまえば、再度行きたがるようになります。

もし対応できないのなら、完全に室内で飼った方がいいです。室内飼いの猫を外に出さないとストレスになるんじゃ…と思うかもしれませんが、その分定期的に遊んであげたり、猫が遊べるスペースを作ってあげるといいですね!その場合は、日向ぼっこできる場所や、外の景色が見える場所も用意してあげるといいでしょう。

外をなわばりにするデメリット

一度なわばりにしてしまうと外に行きたがり、少し隙間があると自分から外に出て行きます。その結果、迷子になったり、交通事故の危険も出てきます。
そのため、猫を構える余裕がない状況なら、外に出さず室内で飼ってあげたほうが、猫にとっても幸せかと思います。

あくまで、絶対出さない方が良い!というわけではないので、定期的に散歩できる環境なら、猫を外に出して遊ばせても楽しいですよ!



このページの先頭へ