猫がブラッシングを好きになる方法

正しいブラッシングの仕方

猫をブラッシング好きにさせるにはどうしたらいいのか頭を悩ませている飼い主さんは多い気がします。私の飼っている猫も大のブラシ嫌いで、ブラシを持ち出すだけで逃げ出していました。

猫の毛づくろいのお手伝い

元々猫はグルーミング(毛づくろい)を頻繁にする動物です。猫の毛づくろいには、毛に付いた汚れをとったり、抜け毛やフケなどを抑える効果があるとされています。

基本的に、猫のグルーミングだけで毛は綺麗になりますので、飼い主がやるべきことは、猫がグルーミングしづらい部分や、毛玉になりやすい部分をお手伝いをしてあげることだと思います。

毛玉になりやすい猫

特にブラッシングしなくてはいけないのは、長毛猫や老猫だと思います。長毛猫は、毛が長いので毛がからみやすく、気をつけていないとすぐに毛玉になってしまいます。大きな毛玉になってしまうと、取り除くのはとても難しくなるので、できるだけ毎日ブラッシングするように心がけます。また、ブラッシングすることで、部屋に飛んでいってしまう抜け毛を減らせるのもメリットです。

老猫の場合も、ブラッシングを毎日やるようにしましょう。老猫は毛の質が衰えたり、グルーミング回数が減ってしまうことがあるので、毛玉になってしまうことも多いです。私が飼っている猫も歳をとってから、毛玉になることが増えてしまい、毛玉除去にとても時間が掛かってしまいました。毎日毛の質をチェックするだけでもだいぶ違うと思うので、ぜひ気にかけてみてくださいね。

○特に毛玉になりやすい部分
・首周り
・手足の付け根
・尻尾の生え際
・お尻の部分

ブラシが好きな猫と嫌いな猫がいる

まず、ブラッシングをする前に知っておきたいことがあります。それは、ブラシが好きな猫と、嫌いな猫がいるということです。

ブラシが好きな猫は、自分から近寄って、ブラッシングを催促してくることもありますが、嫌いな猫はブラシを見ただけで逃げ出してしまうことがあります。ブラシが苦手な猫に、無理矢理ブラッシングしようとしても、さらにブラシ嫌いになってしまい、逆効果となってしまうでしょう。

そのため、ブラシが苦手な猫に、ブラッシングする方法としては、徐々に慣れさせていくのが1番良い方法です。

いつからブラッシングをやるのがいい?

ブラシを使う時期は、子猫のうちからの方がいいと思います。できるだけ早く習慣にすることで、成猫になってからのブラシがけが楽になる傾向があります。

ただし、子猫は、体も小さいので、ブラシをおもちゃだと思って遊び始めることがあります。その場合は、寝ているときや、猫がおとなしくなっているときに、そっと撫でる程度でブラシを使ってあげるといいかもしれません。

うちの猫の場合は子猫からブラシを定期的に使うことで、成猫になってもブラシを嫌がらなくなりました。子猫にブラシを使うのは本当に苦労しますが、後々、影響することなので、ぜひ子猫から慣れさせてみてくださいね。

ブラシを使う頻度

ブラシを使う回数は、短毛、長毛に関わらず、1日1回程度でいいと思います。猫の毛が抜け始める春~夏にかけてはできるだけ毎日やった方が、家具に付いてしまう毛や部屋に飛び散ってしまう抜け毛を減らせると思います。

何故ブラッシングは1日1回なのかというと、ブラッシングをやりすぎると、ハゲたり、皮膚にダメージがいきやすいからです。また、ブラシのかけすぎは猫のストレスになってしまうこともあるので、ブラシを使う時間や頻度などは最初に決めましょう。

それと、老猫が病気の場合も、長時間ブラッシングするとストレスになってしまい、負担も大きいと思うので、短時間で軽くしてあげるようにするといいですね。短毛猫の場合も毛が短いので、強くやりすぎないように注意しましょう。

おすすめのブラッシング方法

ブラシが嫌いな猫にいきなりブラッシングしようとしても嫌がります。

慣れないうちは、猫が好きな場所にだけブラッシングしてあげましょう。猫がブラシを嫌がりづらい場所は、顎の下と、首のまわりです。

顎の下と首のまわりは、猫がむずかゆいところなので、嫌がる猫は少ないと思います。これは、撫でるときも同じですね。かゆい場所を触ってあげると猫は喜びます。

ブラッシングのコツは、毛並みに沿ってやってあげるのが正しい方法になります。人間もそうですが、猫も毛の生えている方向があるので、その方向へ向けてブラシを使いましょう。

ブラシやクシは、頭の上や首まわりを中心に、徐々にブラシを使う範囲を広げていきましょう。力加減は強すぎず、なでるような感じにするといいと思います。

大雑把ですが、毛の流れている方向を描きました。ブラシがけをする順番は、頭⇒首周り⇒背中に向かってするのが個人的におすすめです。

基本的に、猫の気持ちいい部分から徐々に範囲を広げていく方がいいと思います。お腹や尻尾は嫌がることが多いので、ある程度、気持ちの良い部分を終えてから挑戦してみましょう。猫も気持ちよくなってくるとお腹を見せてくるので、そのときにお腹をブラッシングするのもいいかもしれません。

※猫は個体差で、毛の生え方、毛の流れが違う事がある

猫が喜びやすい部分
・頭の上から首周り(むずがゆくなる部分なので気持ちが良い)
・背中

猫が苦手な部分
・手足、お腹、尻尾など

ブラシが嫌いな猫にブラッシングさせる方法

ブラシ嫌いな猫の場合は、顎の下、首周りにのみブラシを使って習慣にしてあげることが大切です。猫が慣れてきたと思ったら、背中やお腹などに挑戦してみましょう。

起きているときに暴れたり、逃げたりしてブラッシングできないなら、寝ているときにそっと首周りからブラッシングしてあげるといいと思います。このときも全体的にやるのではなく、猫が好む部分にだけブラシを使います。

これらを毎日少しずつ丁寧にやってあげることで、猫もブラッシングが毎日の習慣になりやすいです。猫が最も気持ちの良い部分を見つけて、ブラシ好きにさせましょう。

長毛猫のブラッシング方法は?

短毛種の猫はブラッシングにあまり時間も掛かりませんが、長毛猫は抜け毛や毛玉になりやすいので、丹念にブラッシングしなければなりません。人間の髪の毛と同じように毛が長いほど、メンテナンス時間は掛かってきます。

長毛種のブラッシング方法の1つとして、目の細かいクシとブラシを使い分けるのも1つの手です。

まず、長毛猫は目の細かいクシでブラッシングしてあげます。目の細かいクシを使うのは、抜けかけている毛を取り除くことができる、毛をからみにくくさせる、などの理由からです。ただし、クシでとかすときは、強すぎないように気をつけましょう。

ある程度、クシでとかしたら、ブラシで仕上げをします。ブラシは毛の内側というよりも表面的にしてあげるのがコツです。毛が長いと痛みやすいので、ブラシを使った方がツヤも出て、綺麗な被毛になります。ブラシを使うときにも、強くやりすぎないように軽くやってあげましょう。

 ブラッシング用品はなにがある?

猫のクシやブラシには様々なものがあります。例えば、抜け毛を取り除きたいときはファーミネーターや目の細かい櫛などをおすすめします。また、ノミなどが寄生しているときは、専用のノミ取り櫛なども販売されています。

場合によっては、長毛猫などは静電気が発生しやすいので、防止するためにスプレーなどを使うこともあるかもしれませんスプレーは猫によっては嫌がるので一長一短ですが、猫によってはスプレーすることで、静電気が減り、ブラッシングさせてくれることもあるので、いずれも、猫の状態や使う時期によっては役立つものだと思います。

 猫のブラッシング方法のまとめ

・ブラッシングは1日1回定期的にやる
・子猫のうちからブラシに慣れさせる
・首や顎の下などから慣れさせる
・ブラシ嫌いな猫は寝ているときはチャンス
・老猫や長毛猫は特にブラッシングが必要
・ブラシは強くやりすぎない

猫をブラッシング好きにさせるには飼い主の根気が、最も重要だと感じます。個人的には、猫が自分から近づいてきたときが、チャンスだと思います。所謂、猫が懐くモードに入ったときに、気持ちの良い部分にブラシを重点的にやることで、ブラシ好きになってくれる可能性があります。

なかなか時間をとれないときは大変だと思いますが、ブラッシングをすることによって抜け毛が減ったり、部屋中に散らばりやすい毛を減らすことができるので、飼い主にとっても、猫にとってもブラッシングは大切なことだと思います。ぜひ毎日のスキンシップに活用してみてくださいね。

このページの先頭へ