ペットを飼う前のお願い

ペットを飼う心得

これからペット(猫)を飼われる方も多いかと思いますが、飼う前にしっかり考え、責任を持って飼いましょう。

ペットは責任をもって飼う

一度飼った動物を平気で捨ててしまう人も多いです。残念ながら保健所に送られた犬や猫は殺処分されます。一日に数百匹処分され、年間約30万匹以上の命が消え続けてます。途中で飼えなくなり、無責任に捨ててしまったりする方が非常に多いのが現実です。一時期ブームとなり、人気となっていたペット達もブームが過ぎたら捨ててしまう人もいます。

ペットは私達に楽しい時間を与えてくれますが、楽しいことばかりではなく、大変なこともたくさんあります。ペットを飼うということは、生き物の命を預かるということです。ぜひ飼う前に本当にお世話ができるのか、じっくり考えてみることが大切です。

動物の虐待について

上記の保健所問題とは別に、心無い飼い主がペットを虐待した例もあります。
※虐待が原因で死亡したケースや、障害を持ってしまったケースも数多くある。

ただ理不尽に怒ったり、叩いたりするのはしつけではありません。それはただの暴力となってしまいます。ペット達は私たちと違い、言葉を話せるわけではないので、時折、私達の意志とは反した行動をとることもあるかと思います。しかし、それで殴る、蹴るなどの行為をしていいというわけではありません。

一度虐待されたペット達は人間に対し、不信感や恐怖心でいっぱいになっています。犬の話ではありますが、恐怖心から飼い主にも噛み付く凶暴な犬になることもあります。そうなってしまうと、手を差し伸べよう、しつけをしようとしても、一筋縄ではいきません。

動物達にも人間と同じように感情があります。嬉しいときには喜んだり、悲しいときに涙する事もあります。当然、痛みも感じます。しつけをする際には十分に気をつけましょう。

他の生き物も捨てられている

上記でも述べましたが、ペットを平気で捨てる人がいて問題になっています。犬、猫だけに限らず、最近では爬虫類や鳥、魚まで捨てられているニュースを目にします。

捨てるという行為は他の人達にも迷惑にるだけではなく、最悪の場合、元々生息していた生き物の生態系を壊してしまうこともあります。

ぜひ、今一度「本当に飼い続けることができるのか」考えてみましょう。

ペットを飼ったらしっかり管理!

ペットが家の外に逃げ出してしまい、事故を引き起こしてしまうケースも非常に多いです。

基本的な、犬、猫、鳥などが勝手に敷地外に出しまうこともあると思うので、くれぐれも窓や扉の閉め忘れには注意してください。飼っているペットの責任は100%飼い主です。日頃から十分管理には気をつけましょう!

ペットを飼うのにもお金が掛かる

当然、ペットを飼うということはお金も掛かります。必要最低限、餌、病院、ケージ、キャリーバッグは用意しなければなりません。基本的な餌をスーパーやペットショップで購入すると考えると、一匹あたり年間数万円は必要になってくると思います。ペットを飼う前に、どのくらい費用が掛かるのか考えておくのはとても大切な事だといえます。

ペットを飼う前に責任を持てるのか考える

色々述べてしまいましたが、ペットを飼う前にもう一度よく考えてみてください。
飼った後と飼う前では心構えが全く違うかと思います。

飼った後に「世話をするのが面倒になった」「お金が掛かってしまう」「言うことを聞かないから」などの理由で捨ててしまっては物と同じです。

犬と猫は生きています。私たちとなんら変わりません最後まできちんと責任をもって飼えるのか考えてみることは大切です。
どうしても飼えない理由が出てきてしまったら、せめて別の飼い主を探すといった方法をしてあげてください。

家族のように大切にしてあげてください。




このページの先頭へ