猫の脱走防止グッズ種類一覧

猫の脱走防止グッズは何がある?

各メーカーから様々な脱走防止グッズが販売されています。

猫は、ちょっとした隙間から逃げ出してしまうので、いなくなってしまう前に対策しておくのをおすすめします。

脱走してしまうのを防ぐ方法」でも少し触れましたが、どのような製品が販売されているのかまとめてみました。

POINT

脱走を防止する製品の一例
・玄関付近に設置できる柵
・窓に設置できるフェンス
・網戸を開けられないようにする鍵
・ペットを飼っていると来客に知らせるステッカー
・GPSで猫の居所がわかる首輪など

どの対策グッズがいいのかについては、飼っている猫と部屋の事情により変わってくると思うので、飼い主が判断してみましょう。

脱走防止する製品の種類

脱走防止できる製品の種類としては、そんなに多くはありません。基本的な玄関付近や、窓側に使えるフェンスが主な対策方法です。

選ぶときのポイントとしては、飼っている猫がどんな性格をしているのか、どんな行動をするのかを予測しておくことが大切だと思います。

引き戸を開けてしまうくらいの行動なら、網戸を開けられないようにロックできるものがおすすめですが、網戸を破ってしまう猫ならフェンスの方がいいでしょう。

また、脱走してしまったことがあったり、脱走する傾向が強いなら、GPSで位置を把握できる首輪なども有効です。

下記では、どんな脱走防止グッズがあるのか、種類をまとめてみました!

部屋で使える脱走防止柵

ハイゲート ガーディ1100 ハンズフリーゲート 木製おくだけドア付ゲート
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価

台所など衛生面で心配な場所や、玄関に侵入できないように設置する方が多いと思います。

ゲートを使うときの注意点としては、猫はジャンプ力が優れた動物なので、ゲートの高さによっては飛び越えてしまうことがあります。

一般的な猫のジャンプ力は、1m前後だと思うので、高さがある程度ないと意味がないです。

ただ、猫の性格によっては飛び越えない場合もありますし、既にジャンプ力が衰えてしまった・ジャンプすることが少なくなったシニア猫には有効だと感じます。

また、子猫に使う場合は隙間があるとすり抜けていってしまうので注意しましょう。ゲートを設置後は、猫が飛び越えないように付近に物を置かないようにするのも重要です。

窓から脱走するのを防げるフェンス

網戸脱走防止フェンス のぼれんニャン
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価

ベランダに入ってしまったりする猫の場合は、窓に設置できるフェンスをおすすめします。特に二階にあるベランダの場合は、猫が落下してしまわないようにしておきましょう。

また、網戸を破いたり、引き戸を開けてしまう猫にも向いています。

季節によっては窓を開けて網戸にすることが多いと思いますが、猫の性格によっては網戸だけでは脱走防止することができません。

例えば、引き戸タイプのドアを開けてしまう猫や、爪で引っ掻いて網戸を破ってしまう猫には頑丈なフェンスを取りつけることを推奨します。

網戸を開けられないようにできる補助錠

川口技研 用心ロック カーボーイ 網戸ロック 網戸ロック
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価なし

網戸を開けてしまったり、小さい子供がいる家庭なら網戸をロックできる製品が向いています。

網戸に設置できる補助錠は取り付けが簡単ですし、値段も高くないので手軽に使うことができます。

ただし、網戸は爪で破ったりすることもありますし、ロックを忘れてしまうことがあるので、補助錠を使う場合でも十分気をつけましょう。

強度があり穴が開きづらい網

ダイオ化成 ペットディフェンス グレー ダイオ化成 ペットディフェンス ブラック
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価

脱走防止柵を取り付けるのが難しい!補助施錠をつけても網を破ってしまう!などの場合は、網戸の網自体を交換するというのも選択肢の1つです。

元気な成猫や好奇心旺盛な子猫は、網戸によじ登ったり破くこともあるので、網戸にしておくことが多いなら、網を丈夫なものに取り替えてみるのもいいと思います。

取りつけは慣れていないと若干手間取るかもしれませんが、一度取りつけたら長く使えるのもメリットです。

来客時にペットがいることを知らせるステッカー

ドアネコいます マグネット ステッカー ペットステッカー
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価なし
・Amazon評価
・楽天評価なし

ペットを飼っていることを知らせるのはとても重要です。

猫はちょっとした扉の隙間から外に出てしまうことが多いため、自分だけではなく、外から来た方にもわかっていただいた方が、脱走する確率も下がります。

また飼い主も荷物を受け取ったり、サインしているときに扉が開けっ放しにしないことも大切です。ステッカーはマグネット式のものがあるので、ドアに貼っても跡を付けずに使うことができます。

猫を見つけやすくするGPS搭載の首輪など

Loc8tor GPS追跡首輪
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価なし

既に迷子になってしまった猫の場合は、GPSが付いている首輪も有効だと思います。

一度脱走してしまった猫を探すのはとても難しいです。大体、猫がいなくなると家の周りにいますが、家の周りの事情や猫の性格次第では見つけることは非常に難しいです。

個人的には猫は首輪を嫌がる傾向があると思っていますが、飼っている環境が脱走しやすい状況にあるならGPSが付いている首輪を付けておくのもいいと思います。

脱走防止グッズで本当に脱走されないのか?

脱走される前に対策しておくことが一番ですが、どんなに気をつけていても脱走することがあるので、脱走を防止するグッズを使っていれば絶対に脱走されないというわけではありません。

ただ、脱走されないように対策をしておくことで、外に出てしまう可能性を限りなく低くできるのは確かです。
窓際にフェンスを付けておけば、気をつけるのは玄関のみになります。脱走されやすい場所を減らせるのは飼い主にとってメリットは十分あります。

私は猫を数匹飼っていて、脱走される可能性が非常に高いので、ある程度対策しています。

ですが玄関の場合、人が出入りするので気をつけていても猫に脱走されることがあります。特に宅配のときなどにドアを開けっ放しにしていると、いつの間にか脱走されています。

脱走されてしまうと探す時間もそうですが、「どこに行ったんだろう…見つからなかったらどうしよう…!」と不安な気持ちになりますし、外に脱走されると事故に合う危険性もあります。

脱走防止の対策は必ずやっておくことをおすすめします!

まとめ

脱走防止グッズは、飼い主が住んでいる家や、猫の性格に応じて選んでみるのをおすすめします。飼っている猫の性格によってはフェンスが役立たなかったり、部屋のつくり次第では設置が難しいことがあるからです。

上記で述べたように100%脱走を防ぐのはとても難しいと思うので、飼い主が扉や窓を開けっぱなしにしないことが最も脱走させない対策方法かと思います。

それと、子猫などは部屋の中でも行方不明になることが多々あります。体が小さいので、成猫が入れないちょっとした隙間でも潜りこんでしまうことが多いです。

なかなか鳴かない猫だと見つけるのが大変なので、子猫のうちは必ず目を離さないようにしましょう。

猫を飼っているなら、「脱走される」と思っていた方がいいです。どんな性格の猫でも、ふとしたきっかけで外に出てしまうことがあるので、ぜひ、脱走防止対策をしてみてくださいね。

もし、猫がいなくなってしまった場合は、よかったらこちらの「飼い猫がいなくなったときの探し方・捜索方法」を参照ください。

このページの先頭へ