飼い猫に嫌われない方法!

猫に嫌われないための対応策

 

猫と仲良くしたいなぁ~と思っているのに、嫌われてしまうことはありませんか?もしかしたら嫌われてしまうのは理由があるのかもしれません。

今回は猫に少しでも好かれたい人に向けた記事になります。

しつこくしている

猫に嫌われる人の多くは、しつこくしているのかもしれません。私も猫を飼い始めた頃、しつこく構いすぎて一時期、嫌われてしまったことがあります…どうやら猫は、その日の気分があるようで構いすぎると逃げちゃいます。

嫌われない触り方としては、猫が自分から擦り寄ってきてほしいときに触るようにしましょう。座っている猫や、寝ている猫を、絶対に触っちゃダメ!というわけではないですが、ほどほどにしてあげると嫌われないですね!

猫は大きな音が嫌い!

猫は人と比べると耳がいいです。そのため大きな声や音が苦手です。よく怒鳴る人や大きな物音を嫌います。物音に関しては特に気をつけてあげましょう。

猫が悪さをして大声で怒鳴ってしまう人も、嫌われてしまうことがあります。猫が居心地のいい環境は静かなことです。静かな環境を用意してあげることで、猫もその人の部屋によく居付くことになります!

猫の目をじっと見てはいけない

猫の目をジーっと見てると、目をそらされたり、目をつぶってしまうことがあります。その理由は、猫同士が目を見つめあうのは攻撃や威嚇をするときだからです。

そのため目をじっと見てると猫もソワソワと落ち着かないことがあります。

耳やしっぽを引っ張ると嫌がる!

猫の象徴といえば、耳と尻尾!ただし、猫はこの二つの部分を触ると嫌がります。尻尾は強く引っ張ってしまうと、内臓器官にトラブルを起こすこともあるので触るとしても優しく触るようにしましょう。

他の部分でも、前足や後ろ足なども嫌う傾向があります。猫が嫌がる部分をあまり触らないようにしましょう。

強いニオイを発するもの

人によっては良い匂いだとされているものでも猫にとっては迷惑なこともあります。例えば、タバコや香水の匂いが苦手!喫煙部屋にはなかなか近寄ってくれません。

他にも湿布や柑橘系の匂いも苦手です。猫が不快に感じるとその周辺にはよりつかなくなります。猫に懐いて欲しいとのなら、部屋の匂いにも気を遣ってみましょう!

猫はきまぐれな性格

上記でお伝えしたとおり、猫が嫌がることをすると寄り付かなくなることがあります。ただ、猫の性格にもよりますので、絶対に当てはまるというわけではありません!

猫は本当にきまぐれな動物です!懐いてくるときと、そうじゃないときの温度差が激しいです。懐いていたと思ったら、急に寄り付かなくなったり…なので、なるべく上であげた例をやらないようにしましょう。案外些細な事が原因だったりします。ぜひ猫に懐かれるように心がけてみてください!




このページの先頭へ