猫が夢中になるおやつの選び方と種類

猫が好きな人気のおやつ

みなさん猫におやつは与えてますか?猫のおやつと言っても最近は種類がたくさんあるので、どのおやつを与えたらいいのか、また、どのくらいの頻度で食べさせたらいいのか悩んでいる人も多いかもしれません。

猫はとてもグルメな動物なので、その家によって選ぶおやつも変わってくると思います。

どんなおやつをあげたらいい?

上の画像はシーバの固形のものと液状のものです。

各メーカーで販売されているおやつを比較してみると、固形物液状のものに分かれるかと思います。その為、猫の好みなどによってどちらを与えた方がいいかは変わってきます。

まず、初めておやつを食べさせるなら、何種類か用意することをおすすめします。例えば、2パターン種類の違うおやつを用意して、どちらの食いつきがいいか試してみるといいですね。

うちの猫達は、固形のおやつを好んで食べる猫と、液状のおやつしか食べない猫がいるので、好みがはっきりするまで色々食べさせて試行錯誤してみてください。

それと、老猫になってしまい固いものを食べられなくなったり、歯周病で歯が抜けてしまい、固形物が食べられないなら液状のおやつがいいと思います。動物病院などで、おやつの制限をされている場合や、病気の場合は、必ず獣医さんの指示に従いましょう。

猫のおやつの味

メーカーで販売されているもので多く見かけるのが、定番のカツオ、マグロ、ツナの魚系があります。その他にもチキンやチーズのフレーバーのおやつもあります。猫は、肉食動物なので、チキンなどの肉類や、カツオ、マグロなど魚類が好物なイメージがありますが、意外に与えてみるとチーズなども食いつきがいいです。

どのおやつの味が好みかは、与えてみるまでわからないので、色々な種類のおやつを与えて試してみるか、同じおやつでも様々な味が試せるバラエティーセットなどがいいかもしれません。それと、猫も同じおやつを食べると飽きる場合もあるのでそんなときは味を変えてみるのをおすすめします!

※メーカーによってはバラエティーセットがない場合もあります。

猫のおやつの回数や量

猫に与えるおやつの回数はどの程度が最適なのか?悩むところです。人間もそうですが、どの動物も与える頻度が多くなると、肥満や病気の問題がでてくるので、与えすぎには気をつけたいですね。特に塩分が多いものは好ましくないので、動物用のおやつを必ず与えるようにしましょう。

猫に与えるおやつの頻度を決める目安としては、まずおやつの袋に表記されている「おやつの与える回数」を参考にしてみましょう。最近のおやつのパッケージには、おやつの与える回数が明記されている場合があります。

例えば、チャオのちゅ~るという商品にはパッケージの裏側にこのように書かれています。ただ、目安は必ずこの本数を与えよう!ということではないので、飼い主さんが猫によって与えるバランスを調整してあげた方がいいです。個人的には1日4本は多いような気がするので、私はおやつを与えるときは1日1つまでと決めています。

それと、猫の体調によっても気分が悪そうなら無理に与えない方がいいです。猫草を食べたあとなんかは吐くことが多いのでその点も十分気をつけたいですね。また、おやつの与えすぎで肥満になってしまった猫も回数や量を減らしてあげた方がいい場合もあります。

猫のおやつの種類

所謂、猫のおやつといわれるものは種類がたくさんあります。その為、どれが猫の口に合うかはわからないので、いくつか試してみるのをお勧めします。同じ商品でもフレーバーの違いで猫の食いつきがよくなったケースがあるので、できれば何種類か食べさせたいおやつの候補を選んでおいた方がいいでしょう。猫が1つのおやつに飽きてしまった場合もおやつの味を変えてみるといいですね。

チャオ ちゅ~る

ちゅ~る まぐろ ちゅ~る かつお ちゅ~る とりささみ
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価

個人的に猫のおやつでおすすめなのはチャオのちゅ~るです。CMでやっているので名前だけ知っているという方も多いかと思います。おやつというと固形物を思い浮かべる方も多いと思いますが、ちゅ~るは液状になっているおやつなので、食べさせやすいのが特徴です。

液状のおやつのメリットとしては、ドライフードの上に乗せて食べさせることができること。その為、おやつだと食べるけど、ドライフードは食べなくなったという猫にも、ちゅ~るを混ぜて食べさせることができます。
固形のものを食べられない猫にあげやすいおやつだと思います。

また、スティック状のものなので、皿に移さずそのまま与えることも可能です。猫が勢いよく食べると下に落ちる可能性は否めませんが…色々なおやつを与えた結果、うちの猫はちゅ~るが好みのようです。すべての猫に当てはまるわけではないと思いますが、ご参考までに。

モンプチ クリスピーキッス

ミックスグリル シーフード チキン
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価

モンプチのクリスピーキッスも猫のおやつで人気があります。ペットショップなどでも販売されているので愛用している方もいると思います。こちらは小さい袋に色んな形をした粒が入っています。一袋は少量で、食べきりサイズなのでおやつを与えすぎてしまう飼い主さんにも向いています。

また、所謂ドライフードのようなカリカリに形は似てますが、ドライフードをあまり食べなくなった猫でもクリスピーキッスなら食べるということもあるので、ぜひお試しを!

それと、モンプチではピューレキッスという液状のおやつもあるので、固形物が苦手、または食べられない猫の場合にはそちらをおすすめします!

ささみ系のおやつ

フリーズドライのササミ 焼ささみ チキンミックス 花ささみ
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価

ささみは高タンパクで栄養価が高いので、ささみ系を与えている飼い主さんも多いかもしれません。ささみを与える場合の注意点としては、メーカーによって形、ニオイ、硬さが違うので、同じささみと名称されているものでも食べないことがあります。うちの猫もメーカーが変わると急に食べなくなることがあったので、最初に気に入ったささみがあったらその商品を与えた方がいいと思います。

他にも気をつけたいこととして、ほどほどの固さのあるものは、そのままだと歯が弱っている猫だと食べるのが難しいと思います。その場合細かくして与えてみましょう。形が大きいと猫が食べないことがあったので、その場合も小さくしてあげた方がいいと思います。

また、ささみ系のおやつには歯磨き効果があるとされているものもありますが、咀嚼をあまりしないで飲み込んでしまう猫には効果は薄いです。

チーズ系

魚介とお肉のチーズ味 クリスピーチーズ チーズスライス
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価
 ・Amazon評価なし
・楽天評価

猫にチーズ!?と思われるかもしれませんが、意外にチーズ好きな猫は多いです。他のおやつは食べてくれないけど、異様にチーズが好きで人間用のチーズを狙ってくる猫もいます。猫用チーズは人間用と違い、塩分がおさえられているので、人が食べているチーズを欲しがる猫には良いと思います。

猫用チーズにはシーバのように魚介やお肉がミックスされているものもあります。

けずり節(カツオ節)

無添加 減塩かつおけずり 無添加 まぐろけずり 無添加 とりけずり
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価
・Amazon評価
・楽天評価

かつお節も猫が好きなおやつです。メーカーからはかつおだけではなく、まぐろけずりや、とりけずりも販売されています。けずり節はおやつとしてだけではなく、普段のキャットフードに混ぜて食べさせるのもおすすめです!食欲がなくなった猫にも香りの強いけずり節を混ぜることで食べる事もあります。こちらも猫用のものは減塩されているので、猫の健康にもいいと思います。

にぼし

フジサワ 減塩ペットにぼし 500g

にぼしも猫のおやつの定番です。にぼしは硬めのおやつなので、猫の歯にも良いです。猫用のにぼしは人間用と違い、塩分控えめなので、もし人間用のにぼしを与えているなら、猫用に切り替えることをお勧めします。

うちの猫はにぼしだと少し食べて残してしまうので与えてませんが、猫の中にはにぼしが大好きな猫もいますので、他のおやつが合わない場合に試してみるのもいいでしょう。

まとめ

一度おやつを気に入ると近くによってきてニャーニャー鳴くようになるので、飼い主的にも猫におやつを与える時間は楽しいですよね!私の家では、最初におやつを何パターンか用意してどれが一番好きなおやつかを試してみました。猫によっては好みが分かれるようなので、今では猫によって与えるおやつを変えています。

最近ではちゅ~るを気に入っていますが、以前はささみ系のおやつを与えていました。少し食いつきが悪くなったと思ったらおやつを切り替えるのはありだと思います。どれが一番良いおやつかは猫によって全く変わってくるので、飼い主さんが適切なおやつを選んであげる必要があります。

それと、おやつを与える量には気をつけましょう!猫はニオイが強いものを好む傾向があるので、普段のキャットフードよりもおやつが大好きな猫が多いです。猫が喜ぶ姿を見ると、ついついあげたくなってしまいますが与えすぎてしまうと、肥満になったり最悪の場合病気になってしまうことがあります。それと、与えすぎるとキャットフードを食べなくなることもあるので、ほどほどにしましょう。

猫はグルメな動物なので、好きなおやつを探すのは難しいと思いますが、ぜひ試行錯誤して猫の食いつきが良いおやつを見つけてみてくださいね。

このページの先頭へ