寒い季節に猫の暖房器具は必要?

猫の寒さ対策はどうしたらいい?

 

猫は体温調節をするのが得意な動物です。夏の暑い時期は、涼しい場所へ。冬の寒い時期は、暖かい場所を好みます。

ですが、住んでいる場所や、周りの環境によっては猫も体温を調節するのが難しい場合も。極端に言えば、沖縄と北海道では全然気温が違います。猫が寒そうなら暖房器具を用意してあげましょう。

関連:⇒猫の快適な室内温度について

暖房器具の置く場所を決めよう!

よく眠っている場所に設置してあげるといいでしょう。毎日観察していればどこに好んで寝ているかわかると思います。私の家の猫は夏は一階、冬は二階で寝ることが多いです。最も寒い真冬は、家の中で一番温かい場所に移動して寝ています。基本的に猫は、より良い環境で寝たがるので、設置場所は特に悩む必要がないかもしれません。

留守番している猫は暖房器具が必要?

地域にもよりますが、基本的に猫は寒がりなので留守中も暖房器具は必要です。短時間の留守なら、保温できる暖房器具か、寝具に小さい毛布などを用意しておきましょう。エアコンをつけっぱなしにしておくのが難しい場合にも保温タイプが向いています。

長期間留守になってしまう場合は、お世話してくれる人を見つけておきましょう。
長期間の場合は、電気コードを使う器具はおすすめしません!

老猫には居心地の良い寝場所を!

猫も若い頃と比べると体力がなくなり、寝る時間が多くなります。移動しなくなる反面、体温調節も難しくなってくるでしょう。猫は基本的に寒さが苦手な生き物なので、時として暖房設備が必要な場合があります。

おすすめの暖房器具の選び方

スタンダードのものでは電気マット(電気あんか)になると思います。使い方はとても簡単で、スイッチを入れておけば猫が勝手にその上で眠ります。

ただし、人間用の電気マットではなく、必ずペット専用のものを使いましょう。
ペット用に作られた電気マットは、なるべく低温やけどにならないように熱を抑えたものが販売されています。

他にも猫は狭い場所を好む習性があるので、キャットハウスのように穴に隠れるタイプを使ってみるのもいいかと思います。コードや火傷の心配がないので安心して使用することができます。冬は抜毛も減る時期ですが、猫の寝場所はどうしても抜毛が増えてしまいます。その為、専用の寝場所を作ってあげると、他の家具についてしまう毛を減らせます。

電気マットタイプ(電気あんか)

・猫用暖房器具

 
犬と猫どちらにも使えるものが多いです。ペット用電気マットは通常よりも低温で作られてることがほとんどです。人間にとっては温度が低すぎると感じるかもしれませんが、ペットは低温やけどになる恐れがあるので、高温になりすぎないものを選びましょう。

中には高温になりやすいものがあるので、その場合専用のカバーを用意してあげるといいでしょう。使いやすいと感じた点は、電気コードを使用するのですぐ温まる事と、湯たんぽや、電子レンジで温めるものと違い、準備要らずで使えます。選ぶ際には、水洗いできるかどうかもポイントになります。

電子レンジ保温パッド

・ドギーマン レンジでチンしてぽっかぽか もこもこパープル

電子レンジで温めるタイプの保温パッドは温まるまでに準備と時間を必要としますが、高温になりすぎる心配はないですし、何より邪魔になってしまうコードを使わないので安全性に優れています。

ただし、電気マットと違い長時間使用するには向いていません。長い時間温めるためには少し力不足を感じます。お勧めの使い方としては、飼い主が留守にするときには安全な保温パッドを使い、家にいるときには上記の電気マットを使うといいと思います。

キャットハウスで猫の隠れ家に!

・キャットハウス

キャットハウスのメリットは、外気の冷たい空気を最小限にしてくれることと、寝場所、避難所になってくれるところです。季節関係なく、年中使えるのも便利です。

使うときには床に直接置くのではなく、カーペットや絨毯の上に置く事をおすすめします。猫は基本的に狭い場所が大好きなので、気に入ってくれる率も高いです。他の暖房器具のように、温める機能はないですが、猫が気に入ってくれれば冬でも入ってくれるでしょう。

やっぱり猫はコタツが大好き?

・夢こたつ本体&ふとんセット

猫と言えばコタツ!うちの猫もコタツを出すとよく中で寝ています。数匹の猫が一緒に寝ていることもよくあります。

最近ではペット専用のコタツも販売されています。人間用のものとは違い、小スペースで使うことができ、高温になりにくく作られているので低温やけどになりにくいのがメリットです。

ただし中は通常のコタツより狭いので、多頭飼いよりも一匹で飼っている方に向いています。テーブル部分も程よく暖かいので、猫によっては中に入らず上に乗る事が多いかもしれません。家庭用のコタツも猫の事を考えるなら低温度設定にすることを推奨します。必ず猫が出られる状態で設置することも忘れずに!




このページの先頭へ