猫に与えてはいけない危険な食べ物

 猫が食べちゃダメな食べ物とは

猫に与える食事のなかで、絶対食べさせてはいけないものや、あまり与えないほうがいい食べ物があります。

床に落ちているものや、置いてあるものでも猫が食べてしまう恐れがあるので、十分気をつけるようにしましょう。
うちの猫の場合はあまり欲しがる傾向はないですが、犬はとにかく人間の食べるものを欲しがることが多くあります。

その場合、どんなに欲しがっても徹底してあげてはいけません。食べ物によっては命を落としてしまう危険性があります。
今回はそんな食べてはいけないものををまとめました。

ネギ類は絶対駄目!危険です。

猫を飼ったことがない人でもネギ類が駄目なことを知っている人は多いはずです。
猫に最も与えてはいけない食べ物なので気をつけてください。

ネギ類全般が駄目なので、長ネギだけではなく、たまねぎ、ニラ、ニンニクなど与えてはいけません。ネギは猫にとって毒性があり、中毒をおこしてしまいます。貧血、下痢、血尿などが出ることがあり、最悪のケース、命を落とす危険もあります。

人間が与えずとも、その辺に放置していると食べてしまうこともあるので、十分管理をしっかりして猫の届かない場所に保管してください。

また、たまねぎを加熱した料理もNGです。加熱しても毒性は消えないので注意です。人の食べ物を与えていて、たまねぎが混入してしまう可能性が少しでもあるなら、人の食べ物はあげず、ペットフードのみにしてあげてください。

チョコレートも与えては駄目!

チョコレート、カカオ類も与えてはいけません。
カカオに含まれるテオブロミンという物質は猫にとって毒となってしまいます。
下痢や嘔吐の原因になり、最悪の場合命を落としてしまうこともあります。

その他お菓子類の甘いものも糖分が高いので与えない方がいいでしょう。
キャットフードの他にペット用のおやつで補ってください。

ぶどうやレーズン

こちらも猫が食べてはいけないものです。ぶどうもそうですが、レーズンも駄目です。
犬や猫に有害があるとされています。

嘔吐、下痢、腎機能障害になる恐れがあります。
猫の症状に関してはまだ不確定で解明されていませんが、犬が亡くなってしまった例も報告されているので、猫にも絶対にあげないでください。

アボカド

アボカドも猫に与えたら危険な食物の一つです。
誤って食べてしまうと、下痢や嘔吐などの症状や、胃、腸の炎症が発症したりします。
最悪の場合、命をおとす恐れもあるので絶対に食べさせないでください!

他の動物にも悪影響を与えてしまう可能性があるので、アボカドの取り扱いには細心の注意を!

カフェイン があるもの

カフェインがあるものも避けなくてはいけません。例えば、コーヒーやお茶などです。
猫にとってカフェインは強い興奮作用があり、体調を崩してしまうこともあります。

イカやタコ

猫にも悪影響を与えてしまう食べ物の一つです。
イカやタコは酵素チアミナーゼがビタミンB1を分解してしまうため、
ビタミンB1欠乏症を発症してしまうとされています。

加熱することにより酵素チアミナーゼが破壊され、与えても大丈夫との意見がありますが、私はこれらの食べ物は避けるべきだと考えています。

元々イカやタコは消化にも悪いですし、与えるときには十分気をつけましょう!

生の魚介類全般

その他にも、生の魚や、貝類やエビ、カニなども猫に与えない方がいいでしょう。

なかでもアワビに十分気をつけてください。
猫にアワビを食べさせると耳が落ちる
という話を聞いたことがあるかもしれません。

これはアワビに有害な毒素、ピロフェオフォルバイドという物質が含まれています。
光線過敏症という皮膚病になる恐れがあります。

簡単に説明すると、耳がボロボロになってしまうのです。
猫の健康面、安全面を考えると絶対与えてはいけません。

生の 豚肉

豚肉が生だと危険なのは知っている方も多いと思います。
生の豚肉の多くはトキソプラズマという寄生虫がいます。
この寄生虫、十分に加熱しないと死滅しません。

犬や猫だけではなく、人間も気をつけなければならない食材の一つです。

危険な食べ物のまとめ

上記であげたのはほんの一部です。
犬や猫に食べさせてはいけないものは、この他にもたくさんあります。

ここからはあくまで個人的な意見になってしまいますが、人間が食べるものは極力避けた方が良いと思います。人が食べるものは塩分過多になってしまうものが多く、猫の体調に悪影響を与えてしまう場合があるからです。

食べさせてはいけないものをすべて把握するのは難しいですし、原因が解明されていない症状もまだまだたくさんあります。なので、ペットには専用のフードを食べさせた方が安全性も高いと思います。最近のペットフードは、栄養バランス、健康バランスに優れているのも理由の一つです。

動物は自分で食べ物を選べません。飼い主さんがちゃんと管理して長生きできるように大切にしてあげてください。

※上記のものを食べさせてしまっていて、体調が優れないペットがいましたら、
すぐに動物病院で診てもらいましょう。

専用のキャットフードについて

人間用の食べ物は、塩分が多く、猫にとって危険なものが多いです。
なので、なるべくキャットフードを与えるようにしましょう。
最近のペットフードは栄養価が高く、バランスに優れているので猫を長生きさせる秘訣でもあります。

詳しくはこちらの記事に書きましたので、よかったらご参照ください。




このページの先頭へ