猫アレルギーの症状と原因

猫アレルギーだと飼うのは無理?

 

一言にアレルギーといっても、軽度か重度かによる違いがあります。猫が持つアレルギーには様々な症状がありますが、猫と共に暮らすには、まず飼い主がアレルギーに対応できるのか知る必要があります。

ぜひ猫を飼う前にチェックしましょう!

猫アレルギーの原因

猫アレルギーは、猫のフケなどに含まれるアレルゲンが原因とされています。毛などに付着したアレルゲンが人の体内に入ると、危険な異物だと判断します。そのアレルゲンに過剰に反応した人の免疫力が、猫アレルギーの症状となってしまうようです。

猫アレルギーの主な症状

症状としては、くしゃみや鼻水や目のかゆみが出てきます。他にも目が赤くなったり、喉が痛くなったりします。重度の場合は皮膚のかゆみや腫れ、場合によっては呼吸困難などの症状が出ます。一概にアレルギーといっても実に様々な症状があります。

アレルギーをもっているかどうかは体質ですが、病院で簡単に検査することができます。上記であげた症状が出た場合は検査しておくといいでしょう。

猫アレルギーだと猫を飼うのは難しい?

以下で、症状と対策を簡潔にご紹介します。できれば事前に症状がでるのか把握しておきましょう!

猫アレルギーかもしれない人の判断

・猫と同じ空間にいると症状が出る
・触れたり、だっこするとくしゃみや鼻水が出る、かゆくなる
・猫に引っかかれた部分や触られた部分が赤くなってしまう

喘息などの症状が出ている方は元々ホコリに弱く、アレルギー体質な場合が多いので飼うのは困難になってきます。もしも飼うなら十分な対策をする必要が出てきます。アレルギー検査をして反応が出てしまったときには医師とのご相談で飼うべきなのか決断しましょう!

体質によるので一概に簡単だとはいえません。猫を飼ってからでは遅いので、必ず飼う前に検査しておきましょう!

猫アレルギー対策として有効なもの

・オス猫よりメス猫の方がアレルゲンが少ないといわれている
・部屋の掃除
・抱っこをなるべくしない
・鼻を近づけない
・お風呂に入れる

猫アレルギーだけど猫を飼いたい!と思う方は多いと思います。私がアレルギーだと実感するのが抱っこをしたときです。鼻を近づけるとくしゃみと鼻水が止まりません!私の場合は抱っこをしても鼻を近づけなければアレルギー反応が出ないので、試してみてください。

軽度の猫アレルギー

軽度の私がよく起こる症状としてはくしゃみ、鼻水などです。私の場合は皮膚のかゆみはありませんが、目のかゆみは起こります。普段はなんともないですが、猫を抱きかかえたときに症状が出ます。猫の毛の表面には目には見えないホコリが付着していることが多いのでだっこすると症状が出る方が多いと思います。

私は猫と一緒に生活して10年以上になりますが、今でもこの症状は改善されません。もし猫を飼うなら、なるべく抱っこをしない、鼻を近づけない!を徹底するとだいぶ改善されると思います!別記事にて、アレルギーを少しでも軽減させる対策方法を書きました。よかったら、そちらもご参考にしてみてください。




このページの先頭へ