おすすめの猫砂の選び方

 

トイレ周りを快適にする猫砂を選ぼう!

猫のトイレ掃除って結構大変ですよね。一日最低一回、もしくは数回に分けてしている方が多いと思います。猫砂によっては、ニオイのこもりやすさや処理の仕方が違います。掃除のしやすさも変わって来るのでぜひ目を向けてみてください。

今回はおすすめの猫砂をいくつかご紹介したいと思います!

猫砂の種類

猫砂選びのポイントとして消臭効果が強いものを選ぶことをおすすめします。水に流せて使えるものも、掃除が捗ります。使ってみた砂を比較してみました。

鉱物製

・ペットキレイ ニオイをとる砂

水に流せないタイプですが、燃えるゴミとして捨てる事ができます。尿と糞をしっかり固める事ができるので、スコップで捨てやすいのも便利です。砂の粒としては小さめなので、猫の使い方によっては飛び散りやすいですが、その場合は、使用するトイレを変えてみると改善されます。

砂の価格としては非常に安価で、猫砂を取り扱っているお店ならどこでも置いてあるので助かります。他の砂と比較してみても嫌なニオイは抑えられていると思います。

木材製

・花王 ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ大きめの粒

木材を使用した猫砂です。燃えるゴミとして処理ができます。針葉樹を使っているので慣れないうちは多少ニオイが気になるかもしれませんが、肝心の、尿や糞ニオイは抑えられています。

猫砂としては大き目のチップを使っているので、飛び散りを最小限にしてくれます。トイレに流せるタイプではないので、気をつけましょう。
※メーカーによっては水に流せる商品もあります。

紙製

・デオサンド 複数ねこ用

紙製品の猫砂。水には流せませんが、燃えるゴミとして処理できます。

こちらの特徴は、尿で汚れた部分が青く変化します。掃除をするタイミングがわかるのはありがたい!肝心の糞尿のニオイは、他の製品とあまり変わらないので、特別消臭効果があるとは感じられませんでした。ただ尿の固まりやすさは優れているので、掃除はしやすいです。

※メーカーによっては水に流せる商品もあります。

おから製

・常陸化工 おからの猫砂グリーン

おから製品の猫砂です。こちらは燃えるゴミで処理でき、水洗トイレで流せます。流せるタイプの砂は、ゴミ袋に排泄物を溜め込まないメリットがあります。尿が固まるタイプなので、掃除もしやすいのが特徴。おから特有の独特なニオイを嫌う猫もいるようですが、私が飼っている数匹は問題なく使用できました。

猫砂が飛び散るのを軽減させよう

 

・花王 ニャンとも清潔トイレセット ライトベージュ ド-ムタイプ

トイレ周りは特に砂が飛び散ります。掃除をする側としては大変ですよね。周りの砂をなるべく飛ばさないように、フード付きトイレを使う事をおすすめします。猫が砂をかくときが一番散らかるので、フードで軽減してあげると片付ける量も減ります。

リッチェル コロル 猫の砂取りマット アイボリー

猫の足についた砂等は、砂とりマットをトイレの入り口付近に置いておくのもおすすめです。すべての砂を取り除くのは難しいですが、肉球についてしまう砂も少なくなります。

 猫のトイレのニオイが気になるときは?

一言で猫砂と言ってもメーカー商品によって仕様がそれぞれ違います。固まり具合、処理のしやすさ、猫が気に入ってくれるか等、試行錯誤しないと最適な砂を選ぶのは難しいです。私もこれだ!と思う砂を選ぶまで何度も繰り返して試してみました。猫を飼っていて一番気になるのがトイレのニオイだと思います。正直、砂だけで嫌なニオイとお別れするのはとても難しいと感じます。

こちらの記事で、トイレのニオイ対策に関して紹介しましたので、よければご参考ください。




このページの先頭へ