猫が遊ばない・反応しないときの理由

何故遊ばないときがあるの?

 

じゃらし棒などのおもちゃに猫が反応してくれないときがあります。
遊ぶ気がないのかなぁと思ってしまいますが、実は猫が反応しないのにはちゃんと理由があります。

臆病な猫もいる

おもちゃを出すとすぐに飛びつく猫もいれば、なかなか反応しない猫もいます。猫の性格はそれぞれ違います。すぐに反応してしまう猫は好奇心旺盛な猫。怖いもの知らずな性格といえます。なかなか反応してくれない猫は、狩りに対してすごく慎重で臆病な性格。あまり遊んでくれない猫を遊ばせるのは一苦労ですよね~

猫はどうして遊ばないのか

じゃらし棒を差し出しても、じっと見つめるだけだと。飼い主も「遊ぶ気がない」と決め付けてしまいます。そもそも遊ぶ気がない猫はじゃらし棒に見向きもしません。ジっとおもちゃを見ているなら遊ぶ気持ちは十分あります。

ただ臆病なので、飛び出すチャンスを掴めないのです。

おもちゃを差し出したのに遊ばないと決め付けて、途中でおもちゃをしまってしまうと、猫も遊ぶ気持ちがなくなってしまいます。そうすると次第に、遊ぶ気持ちが薄れていきますし、遊び方を覚えられない猫になっていきます。飼い主としては時間もとられるし手間もかかりますが、ぜひ根気強く遊びだすのを待ってあげましょう。

多頭飼いの猫が遊ばない理由

私の飼っている猫は三匹とも性格が違います。二匹はすぐに反応しますが、残りの一匹はジっとおもちゃの反応を見つめ続けます。

この複数で飼っているときに遊ばない猫も、実は遊びたいと内心思っています。ただ他の猫に先を越されてしまうため、なかなか出番がまわってこないのです。飼い主も先に飛び出してしまう猫に合わせて、おもちゃを動かしてしまいますよね!そうすると残された猫はただ見ているだけ…なんてことになってしまいます。野生の猫はともかく、飼い猫で遊ばない子はいないです。複数飼いの場合は様子を見て遊んであげましょう!

反応しない猫を遊ばせる方法

野生の猫に近づくと逃げ出してしまうことってありますよね!
本来猫は狩りをしなくてはならないので慎重な生き物です。

すぐに反応しない、遊んでくれない猫は野性味が強いといえます。そんな猫もおもちゃをかえたり、動かし方をかえるだけで遊んでくれることがあります。調子が出るまで時間がかかってしまう猫にも得意分野はあるはずです。まずはおもちゃを怖いものだと思わせないのが重要です。

例えば大胆な動きをするものを避け、小さい動きを加えたり、布の下で小刻みに動かしたりします。おもちゃを別のものに変えてあげるのもいいかもしれません。猫も遊びの楽しさを知れば次第に夢中になっていきます。色々な方法で遊んでみると、猫の反応が楽しいのでぜひやってみてくださいね!




このページの先頭へ