キャットフードを保存する方法

猫の餌をきちんと保存しよう!

 

キャットフードの保存はとても重要で、保存の仕方一つで長持ちします。他にも猫の食欲に関わってくるので、正しい保存方法をマスターしましょう。

ドライフードの賞味期限

・ドライフード

ドライフードは常温で保存するのが基本ですが、賞味期限は意外と短いので、長くもっても数ヶ月ほどです。(未開封の場合)一度開封してしまった餌は、なるべく早めに消費しましょう。

基本的に猫に普通の食欲があれば、一袋は賞味期限内でなくなるので安心です。猫を飼い始めたら、まず餌を何度か与えてみてどの程度食べるのか調整するのがベスト!そのときにあまり食べないようでしたら少し量を減らしてみることをおすすめします。

ウェットフードの賞味期限

・ウェットフード

ウェットフードでは、パウチされたタイプや、缶詰タイプがあります。ドライフードと比べて消費期限が短いのが特徴。未開封の場合は多少長持ちするようになっていますが、開封したらすぐ使うようにしましょう。

使いきりの目安は、時期にもやりますが、数日間のうちになるべく消費します。毎日の基本的な餌として考えるなら、上記のドライフードが向いています。ドライフードは、歯を丈夫にし、歯周病を防ぐ役割もあります。

最適にキャットフードを保存しよう!

保管方法によって、キャットフードの消費期限は全然違います。しっかり管理する事によって、コストを下げる事もできるので、保管状態は常に気をつけたいですね!

餌の保管で気をつけたいこと

猫は鼻がきく動物で、食欲をニオイで左右されることがあります。そのため、餌のニオイが薄れていると食べなくなることもあります。ニオイが強いウェットフードに興味を示すのもこの理由が大きく関係しています。餌がお皿に入っているにも関わらず、新しい餌をねだってくるのもそうみたいです。ですが、一度開封したものでも保存状態に気をつければ猫もあまり気になりません。

では、「最適なドライフードの保存方法はどのようにしたらいいのか」迷うところですが、基本的に外の空気にふれないように保存した方がいいです。密封することで、餌のニオイが飛ぶのも防げます。

フードストッカーを使用する

・フードストッカー

餌を密封状態で保存するには、フードストッカー(専用の容器)を使う方法があります。開封してしまった袋ごと保存できるものや、真空保存できるものも販売されています。
できるだけ、フードストッカーを使った方が、餌のニオイが飛ぶのを防ぐことができます。

袋をそのまま出しっぱなしにしておくと、猫がいたずらして散らかしてしまったり、餌(袋)に虫が侵入してしまうことがあります。保存するときには、なるべく密封しておける保存容器を用意しましょう。 私は、フードストッカーを一つ用意してドライフードを保存しています。利点としては、餌の置き場所をすっきり整理できること。密封してしまっておけるので、虫の侵入に悩まされないことです。

湿気とカビ対策をしよう!

餌を保管したら、湿気にも気をつけましょう。ジメジメしてる時期に餌を放置しているとカビが発生することがあります。フードストッカー内に保存している餌についても十分気をつける必要があります。

・ ドライフード用乾燥剤

念のためフードストッカーに保存したあとは乾燥剤を入れておくといいですね!なかに一つ入れておくと湿気を防ぎ、カビ防止になります。
出し入れするときにもフタはしっかり閉めておきましょう。

このページの先頭へ