猫にトイレを覚えさせるタイミング

猫にトイレのしつけをしよう!

猫がトイレ以外の場所でオシッコをしてしまったり、きちんとトイレでしてくれない…などなど。飼ってみると様々なトラブルがありますよね。犬と違って猫は場所を覚えないの?と思うかもしれませんが、猫もしっかりトイレの場所を覚えます。意外とトイレのしつけは簡単!最初の段階さえクリアしたら次からは同じ場所でしてくれるはずです。

猫のトイレを置く場所はどこがベスト?

意外と重要なのがトイレを置く場所です。おすすめポイントとしては人が確認できる場所に置いておくことです。

例えば居間の隅など飼い主が確認できる場所が望ましいです。トイレを近くにおくことで、猫の健康状態をすぐに確認できます。

ニオイが気になる方もいるかもしれませんが、最近のトイレ砂は消臭効果が高いので問題ないかと思います。それでも気になる方は、小まめに砂を取り替えると臭わなくなります。健康状態はトイレでわかるといっても過言ではないので、毎回、猫が元気かチェックしてあげてください。

トイレのしつけはサインを見逃さない

猫のトイレのしつけをするときは最初が決め手になってきます。迎えてあげた当日に覚えさせてあげたら以後、猫はほとんど設置した場所にするようになるでしょう。それにはトイレサインを見逃さないことです。猫がトイレに行きたいことを察してあげることた大切です!

●トイレサインの傾向

・床のニオイをかんでうろうろしている
・床をひっかく動作をする
・かがみはじめる

猫を迎えてあげた当日によく観察して、少しでも、オシッコをするのかな?と思ったらトイレに入れてあげてください。この段階で既に猫はトイレを認知することになります。

猫にトイレを覚える理由

猫はニオイが残る場所にオシッコをするという習性があります。なので、トイレに自分の尿のニオイが残ってるとその場所にするようになるのです。反対にいえば、ニオイが残っているところにしてしまうので、もしトイレ以外にしてしまったらニオイが残らないようによくふき取りましょう!ふき取る際に熱湯をつかうとニオイが残りにくいです。

砂の量も少なすぎないように調整

失敗することでタイミングを覚える

慣れていない人なら失敗するかもしれません。でも失敗しても大丈夫です!落ち着いて何回も繰り返し覚えさせて習慣にしていきましょう。

ただ失敗してもいいのですが、猫を叱るのはよくありません。猫はこのとき怒られても悪いことだと思わないからです。逆に飼い主さんを怖い人だと思ってしまいます。叱らず根気強く覚えさせていくといいですね!何回か繰り返しているうちに、タイミングもわかると思います。しばらくして猫が自分からトイレに入ったらもう大丈夫です。次から猫はトイレでちゃんとしてくれるはずです。根気が必要ですが、がんばってくださいね!




このページの先頭へ