猫は犬のように散歩させた方がいい?

猫と散歩

猫の飼い方として人それぞれ飼い方が違うと思います。外で放し飼いしている人もいれば、家の中だけで生活させていることもありますし、なかには定期的に散歩させている人もいるかと思います。

猫は室内より外が好き?

まず考えたいのは猫って外が好きなの?ってことですね。家猫でも窓の外をよく見ていたり、音によく反応しています。外に出してあげた方がストレスもないんじゃ…って思います。ただ猫の気持ちを私達人間が100%理解することはできません。以下の猫を飼っている人達の意見をご参考にしてみてください。

飼い主の色々な意見

・外に興味があるのは動くものに反応しているから
・子猫のうちから外に出さなければ外に出さなくても良い
・外に出してあげたいと思うのは人の考え方で猫は出たがってない
・猫も部屋に篭っているとストレスがたまってしまう

飼い主によっては考え方って色々あると思います。私も猫を飼っていて色々考えることが多いです。外に出してあげた方が、猫は幸せなのかもしれないと思うこともあります。ただ育った環境によっては、猫は外にあまり興味を示しません。理由としては猫も飼われているうちに人の生活に順応してきたからです。

小さい子猫のうちから外に出さなければ、外に行きたがらないことがほとんどです。野良猫の場合は元々外で生活していたので、外に行きたがる傾向があります。どちらにしても猫の性格や環境次第で結構変わって来ます。

猫を散歩に出すリスクを考える

散歩をするときには飼い主が付き添って出すことをおすすめします。このとき絶対に目を離さないようにしましょう。

何故なら猫は思いのまま行動するのでいなくなる可能性があるからです。草むらに入ってしまい見失ったり、急にダッシュして追いつけなかったり、突然いなくなってしまった!となりがちです。猫は小柄で体が柔らかいのでちょっとした隙間や穴なら簡単に入り込んでしまいます。

隠れる頻度が多い場所として車の下あたりによく潜り込むことがあります。いなくなったと思ったら周辺を探してみてください。それと外出時にも気をつけたいです。
飼い主がドアを開けるときにも脱走することがあります。詳しくはこちらの記事に書きました。

散歩時のリードについて

猫は犬のように散歩をするわけではないので、基本的につけなくても大丈夫です。そもそも猫は、リードを嫌がる傾向があります。緊急時以外はつけることをおすすめしません。

猫を外に出したいけど行方知らずになって困る場合や、交通量が多くて事故の危険性がある場合はつけた方がいいです。つけるときにはリードを強くひっぱってしまわないようにしましょう。

猫の散歩まとめ

結論として猫がどうやって育ってきたかが重要になってきます。子猫のうちから外に出していない猫は外への興味も薄れる傾向があるので、連れて行かなくてもそれほどストレスを感じないと思います。

実際にうちの猫の何匹かは子猫の頃から外に出していないので、一度出してしまった猫と違い外に連れて行けと鳴きません。このことから外への興味は出したか出さないかで判断できそうです。

それとは逆に、一度でも外に出した猫は定期的に外に出たがります。よく鳴いて外に連れて行けと要求してきます。ただ外を見たいだけではなく、草を食べたいときにもよく鳴きます。この場合は室内に置ける猫草で代用できるのでお試しを!私は猫を外に出すか出さないかは飼い主次第だと思っています。一度でも外に出された猫は外もなわばりになってしまうので、考え方によっては出さない方がいいこともあります。

個人的に、猫に時間を合わせることができるなら散歩に連れて行ってあげるのもいいかもしれませんね!




このページの先頭へ