猫は何故マタタビが好きなの?

マタタビと猫の関係とは

マタタビとは山などに生えるツル植物です。6月~7月頃に花を咲かせます。このマタタビはよく猫が酔う?とされている植物です。ペットショップでもマタタビが販売されていることがあります。

マタタビの効果

マタタビに含まれる成分のマタタビラクトン、アクニチジンなどで猫が反応します。

効果があった猫は酔っ払いのような反応です。歩き方がヨロヨロしたり、急に喉を鳴らして懐き始めたり、反応は様々なので見ていて楽しめます。マタタビには興奮する作用がありますが、ほとんど数分~数十分で元に戻ります。

猫にマタタビを与えても大丈夫?

マタタビには有毒性はありません。たまに与えるなら問題ないでしょう。なかにはマタタビの実を食べてしまう猫もいますが、食べ過ぎなければ大丈夫です。適量なら猫に害はありません。あくまで与えすぎなければ大丈夫なだけなので、猫が袋から取り出せないように、管理はしっかりしておきましょう!

 マタタビが効果のない猫

マタタビを与えると大概の猫が興奮状態になるので、体をすりすりこすりつけてきたり、甘えん坊になったり、普段と違う変化を楽しめます。ただしマタタビがすべての猫に効果があるのか、と言われたらそうではないです。半数近くの猫が反応はあるとされていますが、全く効き目がない猫も実際にいます。

私が飼っている数匹の猫のうち、効果が出たのは一匹だけでした。このように、効果があるかないかは実際に試してみないとわからないです。

ペットショップで販売されているマタタビ

・スマック またたび (純末) 2.5g

ペットショップのマタタビといっても様々なものがあります。例えば実のツブがいくつか入っているものや、実を粉にした粉タイプのものです。他にもスプレータイプやマタタビの木も売られています。

個人的にうちの猫に効果が最も強いと感じたのは木です。猫が夢中になって遊んでました!いつもと違うデレデレな猫が見れて大変満足しました。猫によっては粉の方が効果が出ることもあるので、色々試してみることをおすすめします。

このページの先頭へ