猫の爪とぎは叱ってもやめない!

猫の爪とぎ

壁や柱、家具、障子などにバリバリ爪を研いでしまうのをやめさせたい!そんな飼い主さんは多いと思います。私の飼っている猫もいくつか家具をボロボロにしてしまいました。やめさせたいけど、やめてくれないのにはちゃんと理由があります。

猫の爪とぎの理由

猫の最大の武器として爪があります。狩りをするときや、高い場所に上るときにもこの爪は大変役立ちます。よく獲物を捕らえた猫は、口にくわえて獲物を運ぶので、牙が重要だと思いがちですが、実際の狩りではキバを使う前に、爪で攻撃し獲物を確実に捕らえます。

そのため猫にとっては爪はとても大切な道具なわけです。例え爪を頻繁に切っていたとしても爪を研ぐ行動をやめてくれないでしょう。爪とぎは本能的な行動なので、猫も悪いことをしてると思っていません。

もし爪とぎをやめさせたいと考えているなら、爪とぎ器を使うことをおすすめします。

猫の爪の仕組み

猫は病気になると、爪とぎしないといわれています。爪とぎする猫は元気いっぱいってことですね!

猫の爪の仕組みとして、内側から新しい爪ができあがります。この爪とぎをすることで、古い爪がはがれおち、新しいとがった爪が現れます。猫の爪を簡単に説明すると、鉛筆のキャップのような形状になっています。よく爪とぎ器を置いておくと、猫の爪が落ちていることがあります。確認してみると古いものがポロポロ落ちているかと思います。

猫の爪で気をつけたいこと

猫と遊ぶときに手を使う場合もありますが、爪によって怪我をしてしまう恐れがあります。それほど、猫の爪は鋭く尖っています。手でじゃれついてるとたまに猫キックをしたり、噛み付いたりすることもありますが、猫を叱ったりやめさせる必要はありません。猫にとっては遊びでやっていることなので、問題ないのです。

怪我しないようにするには、猫用のおもちゃにじゃれつかせたり、定期的に爪を切っておきましょう。

ただし、放し飼いの猫の爪を切るときには注意!外猫は外で木や高い場所に上ったりすることが多いので、爪を切ってしまうと上れなくなってしまうので危険です。




このページの先頭へ