猫のノミ取りをマスターしよう!

猫のノミを完全に取り除く方法

猫の体にノミを発見してしまった!こんなときはつい慌ててしまいますが、ぜひ冷静に対処しましょう。ノミは環境によっては発生を防ぐことができます。こちらの記事も参考にしてみてください。

では以下で猫のノミとりで重要なポイントをご紹介します。

ノミ取り用のクシで駆除する

ノミ取りをするときには、手でつぶさないようにしましょう!雌の場合、つぶしてしまうと、ノミの卵が周辺に飛び散ってしまいます。完全に駆除するなら、手でつぶさず、クシを使いましょう。ノミというのは結構簡単に、クシで取り除く事ができます。このとき、普段使っているクシにも注目してみます。ノミ取りには、目の細かいノミ専用のクシをつかってみましょう。

・猫のノミ取り櫛

表面的に発見できる場合でも、クシで取り除いた方がいいです。それと、クシでとったノミは中性洗剤をかけると死ぬのでお試しください。

猫の毛を短くカットする

短毛猫は、表面的にノミやダニが居るか判断できることが多いです。ですが、長毛の猫は毛で覆われてて、ちょっと見ただけじゃわからないです。そのため、発見も遅れてしまい、病気になってしまうこともあります。お風呂に入れて、入念に洗ったつもりでも、すべてのノミを駆除するのは難しいです。大切なのは、事前に対策してあげることです。

・ペット用のバリカン

対策方法として、一番お手軽なのは、猫の毛を刈ってしまう事です。ノミやダニが発見された後でも、有効な対策方法だと思います。毛を刈る際は、人間用のハサミは使わないようにしましょう。大概の猫は暴れると思うので、十分に注意した上で実行しましょう。初めてなら、猫を押さえておく人と、毛を刈る人に分かれてやった方がいいと思います。注意点としては、人間用のハサミ等を使うのではなく、猫用(ペット用)のハサミや、バリカンを使いましょう。

シャンプーする

まずは毛を水(温度が低めのお湯)で洗います。頭から体にかけて入念に洗ってください。その後、シャンプーをしてさらによく洗います。

・ノミ取りシャンプー

シャンプーもノミに効果があるものをつかうといいですね!すすぎもシャンプーが残ってしまわないように、洗い流しましょう。乾かすときは、生渇きになりやすいので、時間をかけてよく乾かします。仕上げはよくブラッシングしてあげます。

※猫の毛を短く刈っておくと洗うときにも、楽になります。

動物病院に連れて行く

ノミやダニによる病気は意外と多いです。自分で判断せずまずは診てもらいましょう。

ノミ・ダニによる代表的な病気

・耳疥癬(疥癬)
・ノミアレルギー性皮膚炎
・外部寄生虫症

素人では判断するのは難しいので、まずは動物病院で先生の指示で動いてください。ノミの繁殖を抑える薬などを処方してもらえるので、市販の薬より安心できると思います。ぜひノミ駆除をして猫の健康を保ちましょう!

このページの先頭へ